Tea for Tow
ちょっと紅茶でも飲みながら、お芝居の話でもしませんか?

プロフィール

おのせ やすよ

Author:おのせ やすよ
役者、声優。
…といっても役者業はほぼ休業中。演技教師をしています。
演技教師歴11年。
桐朋学園短期大学芸術科演劇出身。
高校時代に勝田声優学院に通い始めたのがきっかけで、芝居の道に没入。
芝居の魅力や素晴らしさを少しでも多くの人に知ってもらいたいと思って活動中!
芝居は、声を出します。
体を動かします。
頭もフル回転させます。
これが色んな場面で役に立たないはずがない!!!
これが持論。

時折、過激な発言もあるかもしれませんが、そこはそれ。
ご容赦下さいませ。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最近のマイブーム

最近のマイブームはナント、日露戦争!

「どういうこと??」と申しますと、
実は「坂の上の雲」に今更ながらはまってるんです(笑)

坂の上の雲 表紙

世は戦国武将ブームで、
歴女と呼ばれる方々が、「信玄」だ、「謙信」だと騒いでいる昨今、
今の私を魅了するのは

秋山 好古・真之兄弟!!
そして、もう死んじゃったけど(今3巻も終わりなのね)ノボさんこと、正岡子規!

司馬遼太郎は「功名が辻」以来2作目ですが、
実は「坂の上の雲」は1度、2巻の途中で断念したことがあって、
2度目の挑戦なんですが…

いや、読み進めると非常に面白い!

明治維新が起きて、世界の一員となった小さな島国「日本」。
世界は帝国主義を中心に回っており、
食うか食われるかとばかりに、植民地を奪い合い、国の強さを競う世の中。
開国して日が浅い日本は、食われまいとばかりに
必死で列強の国々の間を綱渡りする様子が手に取るように分かります。

今、3巻も終わりなんだけど、
正岡子規が生きていた時の、子規の描写に深い愛情があり
司馬遼太郎が同じ文人として、
正岡子規を尊敬し、観察し、研究しているのがよくわかります。

なんか好古・真之兄弟の描写とは違う感じがしちゃいます。

日清戦争、日露戦争に突入すると
もう休む間がないくらい、一気に話が進みます。

学生時代、歴史が大嫌いだった私も、相当面白く読めてます。

そもそも、日清・日露戦争が
日本が「ロシアの侵略から身を守るための防衛手段」としての意味合いがあるとか、
全然知らなかったし、
その時の世界の気風として、
「世界的に植民地を持てる国にならないと、自国が植民地になっちゃう!」
っていう情勢をしらないで勉強してるから、
「日本は朝鮮を植民地にしようとした、悪い時代」
と、かすかな記憶ですらこんな感じにインプットされてます。

歴史の先生は2000年以上の膨大な人類の歴史を教えなきゃいけない、という
途方もない課題を背負っているわけですが、
年譜を覚えるよりも、「なぜ、このように歴史が動いて行ったか?」っていう方が
よっぽど大切だよね。

先生の興味も全ての時代に於いてあるわけじゃないと思うけど、
生徒に教えるということは
「この勉強は、要するにココを学ぶためにあるんだよ」ということが大事。

ちょっと脱線するかもしれないけど
国語、理科、社会、数学、英語…
美術や体育に於いても
全てにおいて必要だから教科としてあるわけで。

生徒に言ってもわからないこともあると思うけど、
先生がそれを自覚して(要点を押さえて)授業をしなければ、通り一遍の中身だけで
それは何のためにもならない結果になると思う。


あとは、先生の興味のあることをもっと積極的に言っていくべきだよね~。
個人の考えでも何でもいいから「ここはこう思う」と。
生徒はそこに興味が出てくると思うな。
少なくとも私はそうだった。



あらら、ちょっとどころか大きく話が脱線。



でもね、私が社会が嫌いだったのは
ひたすら年譜を覚える授業だったからだと思う。
公民が嫌いなのも「社会がどう動いてる」というよりは
覚えなきゃいけない用語ばかりが前面に出てくるせいだと思う。

この年になって、ニュースが面白いし、世の中の動き、経済が面白いと思う。
ということは、もちろんこの年齢になったから、というのもあるけど
少しはその素養があったのではないかしら?

自画自賛過ぎ…?(笑)



どちらにしろ日露戦争というものが、この歳になるまで
こんなにも興味深く、
こんな世界情勢の中で行われていたとは
露ほども知りませんでした。

もうすぐ4巻!
楽しみだわ!!
スポンサーサイト

テーマ:今日のつぶやき - ジャンル:ブログ


タイトルを変えたよ♪

ということで、タイトルを「Tea for Tow」にしました!!

「Tea for Tow」は1924年のミュージカル「ノー・ノー・ナネット」の挿入歌として有名になった曲です。

すごく素敵な曲でその後大ヒットし、
「Tea for Tow」という映画ができたくらい!

「二人でお茶を飲みましょう」
っていう歌詞なんだけど、
「ずっと二人で美味しいお茶を飲んで暮らそうね」
っていうプロポーズの歌でもあります。
なんてロマンチック♪

ちなみに映画版は
ドリス・デイとゴードン・マクレーが歌ってま~す。

さて、下の動画は映画「Tea for Tow」に入っている「ノー、ノー、ナネット」。
劇中劇のシーンです。
「Act Ⅲ」の曲が「Tea for Tow」ですね♪



すばらしい!!
ドリスは歌も上手いし、ダンスもいけます。
上品なかわいらしさもあるし♪

こんなに大勢で歌ったり、踊ったり、芝居したら楽しいよね~♪

「Tea for Tow」に関しては、
もう一つのブログ【That's the Peanuts.!!】でも紹介しています。
内容は違うので、お時間がある時によかったら見てね。

ではまた~ヽ(^。^)ノ

テーマ:今日のつぶやき - ジャンル:ブログ


「好きな悪役」

なんて気になるトラックバックテーマ(笑)

第758回「好きな悪役」



古今東西様々な悪役がいますよね~。

とにかくパッと思いついたのは、
ヤッターマンの悪役名トリオ「ドロンジョ」「ボヤッキー」「トンズラー」。
新しいヤッターマンも、最近映画になったヤッターマンも見ていないのですが、
日本人なら知らない人はいないんじゃないかというほど、有名です(笑)
悪役らしいせこさといい、
ファッショナブルなコスチュームといい、
かわいらしさといい、最高ですね!

それからガンダムのシャア・アズナブル。
こちらはアンチヒーローとしては最高峰に登るんじゃないでしょうか?
顔よし、
スタイルよし、
声よし!
完璧です(笑)

「ナウシカ」に出てくるクシャナもいい!
あれは大人の女、未だに憧れます♪



おっと、
気がつけば全部アニメじゃないか!!
中学まで普通にアニメオタクだったからな~。




悪役といえば、
今日金曜ロードショーで見た「ルパンVS複製人間」。

複製人間のマモー役はあの水戸黄門、西村晃が演じているのですが、
すばらしい!!!!
なんの遜色もなく、
いや、むしろ他の声優陣をもしのぐ勢いで演じていらっしゃいました。

私が中学くらいの時に2~3本立てのロードショーで見ただけなんだけど、
2~3回みたんじゃないかと思うくらい覚えてた(笑)
いや、
話も面白いし、
展開もスピーディでいうことなし!

改めてみてもマモー役の西村晃の存在感には脱帽です。

ついでに言うと「バビロンの黄金伝説」のロゼッタ役の塩沢ときも舌を巻きましたが…


演技がしっかりできる人は
場所を選ばずに活躍できることを改めて肝に命じましたm(__)m

テーマ:今日のつぶやき - ジャンル:ブログ


ハリボテ ソング

アニメヒーリングシリーズ アニマージュ2

ちらっと聞きました。

昔の懐かしい名曲をヒーリング曲にリメイク。

なかなかの曲を揃えています。


1.YOU GET TO BURNING (機動戦艦ナデシコ)[4:01]
2.マクロス (超時空要塞マクロス)[4:33]
3.THE REAL FOLK BLUES (COWBOY BEBOP)[3:33]
4.Feeling Heart (To Heart)[5:35]
5.好き□嫌い (劇場版 うる星やつら完結編)[3:50]
6.哀 戦士 (劇場版 機動戦士ガンダム哀戦士編)[5:23]
7.ミンキーステッキ・ドリミンパ (魔法のプリセンスミンキーモモ)[3:07]
8.Reckless fire (スクライド)[6:16]
9.ウィーアー! (ONE PIECE)[5:05]
10.ガンバのうた (ガンバの冒険)[3:56]
11.ブルーウォーター (ふしぎの海のナディア)[4:48]
12.失われた伝説 (ゆめ) を求めて (機甲創世記モスビーダ)[5:10]
13.乾いた大地 (戦闘メカザブングル)[4:33]
14.Catch You Catch Me (カードキャプターさくら)[4:13]
15.炎のたからもの (ルパン三世 カリオストロの城)[3:53]


はい。
なかなかおなじみの曲がそろっているようです。
(一部知らないのもあるけど、実際見たことがないだけで題名は知ってる)




ここで問題。


これ、ヒーリング曲なんだよね?


ってことは「癒し」。


試聴をしましたが、なるほど、
なかなかのヒーリングテイストに出来上がっています。

しかし…




「マクロス」ってどう?

「ガンバ」ってどう??

「哀戦士」ってどう???




『マクロのそ~らを~ つらぬ~いて~ 地球を打~った 雷(いかずち)は~』とか

『しっぽを立てろ~ ホッホッホホ ホッホッホホ~』とか

『荒野を走る~ 死神の列~』とか。



曲調は癒しテイストかもしれないけど
全然癒される歌詞じゃないよね。


知ってるから癒される…ってこともあるかもしれないけど
曲を作った人たちの内容を全く無視して、冒涜に近い感じがする。



歌詞と曲ってそんなに関係がないものなの??



セリフを「感じ」でしゃべるハリボテ俳優みたい。

雰囲気だけで説得力を持たせようとする役者。
そんなの説得できるわけがないんだけど、
いかんせんセリフは日本語を話すだけなので
つい話せてる「感じ」がしてしまう。



歌も同じ。



ある曲をカバーする時に
ただただ全然違う「雰囲気」で歌いたいだけで
内容は関係ナシ。

「雰囲気」だけだから、やはり何も感動しない。
伝える力もない。


要は中身が無い。



しかし、時々「雰囲気」に騙されてしまう人がいるんだよねー。
困ったもんだ…。

テーマ:今日のつぶやき - ジャンル:ブログ


今年の大河の一意見。

今年の大河ドラマ「天地人」

実は私は昔から大河を観ていたわけじゃないんだな。

なにせ、実家はあまりドラマを見ない家庭だったので、むろん大河は全然興味がなかったさ。観はじめたのは「時宗」あたりからかなぁ?
旦那さまと付き合うようになってから、少しずつ見はじめて、現在は毎週チェックしてます。

昨年の「篤姫」はとても良かった。
宮崎あおいと言う女優も大河で初めて知ったんだけど、彼女の演技力は素晴らしいと思う。色々スタッフの間で噂もあるらしい彼女だが、演技はピカイチ。
さすがに大河に抜擢されるだけのことはある、と思った。
女優らしい女優さんだなあ~と思ってます。

しかし「篤姫」がよかったのは彼女だけじゃない。
オープニングテーマも良かった。
衣装も素晴らしかった。
でも、一番良かったのは脚本だったと思う。
どうやっても大奥の室内劇(城中)が中心になってしまうから、よほど上手く書かないと幕末の乱世が表現されず、篤姫の葛藤も独りよがりに見えてしまう可能性もある。
しかし、脚本の田渕久美子さんは本当に上手に切り抜けた。
篤姫がどのように考えそして生きたか、ちゃんと政治と世相とリンクさせ、ハラハラドキドキしながら見ることができた。


ところがどっこい今回の「天地人」は感情移入ができな~い!!
戦国と言う一番世の中が乱れ、それが故に熱い人間ドラマが繰り広げられるはずの「戦国モノ」。きっと期待した大河ファンがいっぱいいたはず…。

感情移入ができない理由は多々あるんだけど、
まず一番が、やはり台本が良くない。
毎回山場があっさり流れちゃって、それぞれの事件があっという間に終わってしまう。だから役者が演じてるほど、こちらに感動が伝わらない。

いま一つ登場人物のバックボーンが見えてこず、セリフがあまい。
(これに関してはすご~くいっぱいあるので、書ききれない)

安っぽい無駄な演出。
たとえば(最近はないけど)くのいちが出てくるシーンとか、
戦闘シーンで稲光と共にスローになるシーンとか…
演出家が思っているようには効果が上がっていないと思うなあ。


これは面白いドラマが見たい人間のつぶやきです。
面白いのがみたい…

テーマ:今日のつぶやき - ジャンル:ブログ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。